Spirentが2019年度インターロップ東京にて「ベスト・オブ・ショー」に認定

市場をリードするWi-Fi 6および400Gイーサネット高密度QSFP-DD試験ソリューションが名誉ある賞を受賞

2019年6月20日(東京発) – – 次世代デバイスとネットワークの計測、保証、解析ソリューションを提供する大手プロバイダーのSpirent Communications plc (LSE:SPT), は、2019年度インターロップ東京にて、同社のWi-Fi 6試験ソリューションに送られた名誉ある「最優秀賞」を含む「ベスト・オブ・ショー」認定を受賞しました。

インターロップ東京はネットワークコンピューティング分野における最大級の展示会であり、500を超えるベンダーが最新の製品、ソリューション、サービスを紹介しています。本年度のイベントは155,000名を超える訪問者を集めており、業界を代表するアナリストや専門家で構成されるパネルが選定する「ベスト・オブ・ショー」アワードは数百もの候補から選定されています。

試験カテゴリーにおいて、Spirentは市場をリードする同社のWi-Fi 6試験ソリューションが認められ、「ベスト・オブ・ショー - 最優秀賞」を受賞しました。これはインターロップ東京にて、IEEE 802.11axアクセスポイント(AP)とWLANエコシステムのエンドツーエンド試験の機能、特徴、性能のライブ実演が認められたものです。同ソリューションは、市場初のWi-Fi 6 L2-L7性能試験ツールであり、現在入手可能な唯一のツールであることが審査団に認められました。 

SpirentのクラウドおよびIP部門でジェネラルマネージャーを務めるAbhitesh Kastuarはこう述べます。「Spirentの802.11ax試験ソリューションは、当社が802.11ac試験で確立した市場でのリーダーシップを基に構築されたものです。Wi-Fi 6 AP、デバイス、ネットワーキングの最新規格へ拡張されています。当社のWi-Fi 6試験ソリューションと、Wi-Fi 6テクノロジーの開発および導入推進への当社の取り組みが、インターロップの審査団に認められたことを光栄に思います。」

Spirentはまた、世界最高密度のQSFP-DDテスターであるPX3/DX3400G 1U アプライアンスにて「ベスト・オブ・ショー - 特別賞」を受賞しています。シングルラック空間に収められたpX3 400Gアプライアンスは、超高スケールの次世代対応テラビット級ルーターとスイッチの転送性能とサービス品質を検証する目的で設計されています。アプライアンス1台は8つのポートを備え、最大255台のユニットを相互接続し、合計2,040のポートのタイミングを同期できます。

pX3 400Gアプライアンスは、インターロップの一部を構成するShowNetイベントにおいても認められています。同アプライアンスが組み込まれた400G相互接続実演が認められ、Spirentとパートナー企業は「ベスト・オブ・ShowNetアワード - 最優秀賞」を受賞しました。

Kastuarはこう述べます。「統合された拡張性の高いアプライアンスとして、当社のpX3 400Gは大手のチップセットメーカー、ネットワーク機器メーカー、サービスプロバイダーが顧客の需要に対応するために次世代の速度へ準拠するようサポートします。インターロップの委員会により受賞者として認められたことは、大きな励みになります。」

SpirentのWi-Fi 6試験ソリューションとSpirentのPX3/DX3 400G 1Uアプライアンスについての詳細情報は、次をご覧ください: