Spirentがコアネットワーク試験で楽天モバイルと提携

Spirent Landslide、楽天モバイルのLTEと5G用のモバイルとコアのインフラ、ユーザートラフィックとネットワーク機能試験に採用

2020年6月5日 (東京)次世代デバイスとネットワークの試験/保証/解析ソリューションの大手プロバイダー、Spirent Communications plc (LSE:SPT), は本日、楽天モバイルとの広範囲にわたる業務委託を発表しました。Spirentは、楽天モバイルが世界初となるエンドツーエンドの完全仮想化クラウドネイティブモバイルネットワーク(注)を日本で実現するために現行のLTEサービスと、予定されている5Gノンスタンドアロン(NSA)およびスタンドアロン(SA)の導入をサポートします。

 

楽天モバイルは、新規サービスのパフォーマンスを検証できる革新的な試験能力を必要としており、コアネットワークの試験にSpirent Landslideを採用しました。既に実用化されているLTEサービスに加え5G NSAネットワークの導入が今年後半に予定されており、Spirentは楽天モバイルと協力し、安定した顧客体感を実現させます。

 

楽天モバイルで代表取締役副社長兼CTOを務めるTareq Amin氏はこう述べています。「コアネットワークの試験でSpirentと提携できたことを非常に嬉しく思います。Spirentが持つ各地域およびグローバルにおけるMNOやMVNOへの導入実績、完全仮想化されたネットワーク向けの高度な試験手法やコンサルティングを活かすことで、当社は、楽天モバイルのお客様へ革新的な次世代のモバイルサービスを提供できると確信しています。」

 

Spirentは、楽天モバイルと連携し、複雑な5G NSAとSAの試験シナリオを含む各種試験を自動化する高度なプロセスを採用し、試験時間を短縮させることを目指します。

 

Spirentジャパンのカントリーマネージャー、中村 彰宏はこう述べます。「楽天モバイルは市場トレンドを先導しており、日本で最も新しいオペレーターがシンプルなサービスプランと最先端技術を組み合わせた通信サービスを提供するビジョンを達成するため、Spirentがこれまで蓄積した経験と、先進の試験ソリューションのポートフォリオを提供できることは光栄です。楽天モバイルが新たなサービスの導入目標を定め、ユーザーにサービスを提供するうえで、協働していけることを楽しみにしています。」

 

楽天モバイルは新規サービスをユーザーへ提供するための検証期間を短縮するため、リグレッション試験に向けたSpirentのネットワーク自動化と検証のソリューションSpirent iTestも活用しています。これにより楽天モバイルの技術チームは新たなユーザー向けサービスの開発に集中できるようになります。

 

楽天モバイルのネットワーク本部において、イノベーションラボ推進課の課長である朽津 光広氏はこう述べています。「Spirentは当社のネットワーク試験、検証、導入に欠かせない役割を担っています。当社は、Landslideを使用して5G試験を進めております。当社のビジョンの実現にあたり、信頼のおけるパートナーを持つことは重要な財産となると考えています。」

 

日本では、Spirentは長年にわたるパートナー企業の東陽テクニカと提携して展開を強化しています。同社は高い付加価値をもたらす技術サポートのサービスを提供します。