GSS9000シリーズの詳細を見る

GSS9000シリーズのパンフレットを見る

GSS9000シリーズ 完全製品仕様

GSS9000シリーズの仕様を見る

主なメリット

  • フィールドで完全なアップグレードが可能であり、その場で設定を変更でき、現在と将来のコンステレーションと周波数を全てサポートするGSS9000は、成功に不可欠となる柔軟な高度試験プログラムを提供します。最大320チャンネルと10の独立したRF出力を備え、民生信号と機密信号のあらゆる組合せに対応できるため、開発者は次世代のマルチ周波数、マルチコンステレーションシステムを洗練させることができます。新たな柔軟信号を柔軟に設定できる新機能を使用し、現行以外のSIS ICD PRNコード、ナビゲーションデータのコンテンツ/レート、チッピングレート、エッジシェーピング、変調種類を設定して制御でき、進化を続ける試験規格の要求に将来的に応えることができます。

  • 1 KHz更新レートにより、ダイナミックな環境やハードウェア・イン・ザ・ループ構成にて遅延のない試験が行えます。

    • 120 km/s relative velocity
    • 193 km/s2 relative acceleration
    • 890 km/s3 relative jerk
    • 60π angular rate
    • 0.3 mm RMS pseudorange accuracy

    GSS9000は、あらゆる試験条件の性能仕様を満たします。

  • 高度なりすまし試験用に最高10の同時コンステレーションを生成でき、単一のRF出力にて複数の車両を特定できます。地上送信(GTx)妨害機能を内蔵、豊富なマルチパスモデリング、以下のモデリングに対応:

    • TxとRxのアンテナゲインと位相パターン
    • レバーアーム効果
    • 電離層と大気層
    • DGPS補正
    • RAIM試験となりすまし用の疑似距離ランプ
    • 車両の動き

  • SpirentのSimGENはGNSS試験と開発チームが利用可能な、最も強力なツールです。SimGENの詳細情報を完全な仕様については、当社のSimGEN製品ページをご覧ください。

  • GSS9000シリーズは次の試験に対応しています:

    • Y Code
    • AES & SDS M Code
    • MNSA
    • NavIC RS
    • PRS – via 3rd party tool

  • GSS9000は数々の補助ツールと支障なく動作するよう設計されています。以下が挙げられます。

    • SimINERTIAL – 慣性センサー出力をエミュレート
    • SimSENSOR – 主なMEMSセンサーの出力をエミュレート
    • SimREMOTE – 強力なリモートコマンド機能
    • Sim3D – 3Dモデルを用いた現実的なマルチパス試験
    • SimSAFE – なりすましインターフェースツール
    • GSS7765 – 総合インターフェース試験



詳細情報、見積もり、デモンストレーションについては、お問い合わせください

連絡先 →

GSS9000

Spirentの利点

アップデートされたGSS9000シリーズは、GNSSアプリケーション開発を30年以上にわたってサポートして得られた経験に基づき構築されています。当社のシステムは、顧客が要求する実証済みの性能と信頼性を提供します。

Spirentの提供内容:

  • 標準で包括的な機能を提供
  • 柔軟に拡張可能な将来に備えたソリューション
  • 最先端の開発と継続改善への投資
  • グローバルなサポートネットワークがサポートする裏打ちされた高品質システム
  • 特殊アプリケーションや構成に対応可能な専用ソリューション構築能力
  • 新たな信号とICDの実装に従事する大規模なチーム

詳細情報、見積もり、デモンストレーションについては、お問い合わせください

連絡先 →