るほぼリアルな合成環境にてレシーバー性能を検証

マルチパスと信号の不明瞭性は、GNSSレシーバーにて深刻なエラーの原因となります。マルチパスエラーは衛星の地理的条件とレシーバーの環境に応じて、数メートルから数百メートルに及びます。大多数の測位、ナビゲーション、タイミングソリューションにとって、こうした要素の発生を考慮することが必須となります。

Sim3Dは、マルチパスと不明瞭性の影響を試験する際に現実的な環境を作成できる、革新的な3Dモデリングシステムです。シミュレートされたGNSS信号は完全にカスタマイズ可能なモデルや環境とやりとりし、他のソリューションでは得られないレベルの詳細度、制御、現実性を提供します。

パンフレットをダウンロードする →

特徴およびメリット

現実的なマルチパスと不明瞭性のシミュレーション
マルチパスと不明瞭性は合成3Dモデルに基づいてシミュレートされます。現実の場所が再構築され、その場所のマルチパス特性を再現するためにシミュレーションに使用されます。さらに、交通、人込み、その他の障害物がシミュレーションに使用され、市場に出回る他の製品では得られないレベルの現実感が提供されます。
現実のアプリケーションをシミュレートする能力
アンテナキャリアを車両や歩行者として定義し、続いてキャリアの重心と相対的にアンテナを配置します。マルチパスと不明瞭性は、アンテナキャリア本体の位置と動作を考慮して算出されます。これにより、マルチパス/不明瞭性に対応するためのアンテナ位置を最適化するための貴重な洞察が得られます。
マルチパスのシミュレーションを用いたより高度なレベルの制御と解析
Sim3Dは他のマルチパス/不明瞭性シミュレーション手法では得られないレベルの制御を実現します。シミュレートするコンステレーション、マルチパス毎の反射数、直接波毎のマルチパス信号数、その他多数の要素を選択できます。
現実のデータを用いて完全に検証
現場のデータと比較したSim3Dのシミュレーション性能は徹底的に評価されており、良好な判定結果が示されています。
フルレベルのカスタム化
Sim3Dを使用して、自身で3Dモデルを作成するか、Spirentが提供する定義済みのモデルを使用するかを選択できます。付属のコンバーターを通じて多くの標準的な3Dモデル形式に対応しており、既存や購入済みのモデルを手軽にインポートできます。

Flexible

究極の柔軟性

Sim3Dは事前設定された3Dモデルを使用するか、ユーザー定義の新たなモデルを生成するかを選択できる柔軟性を備えます。さらに、外部生成されたモデルは付属のコンバーターを使用してインポートできます。Sim3Dは静的シナリオと動的モーションの両方をサポートし、軌跡をインポートするか、ソフトウェア内部で生成するかを選択できます。

Easy to use

最高の使いやすさ

Sim3Dは、シンプルなパッケージに複雑な機能を納めるよう設計されています。複雑で現実的なマルチパス信号、および直接波は色分けされて視覚的にマッピングされます。Spirentが統合を生成することで、Sim3Dはハードウェア・イン・ザ・ループの試験ベッドへ手軽に統合できます。

Satellite

総合的な試験ツール

Sim3Dは、当社が提供する業界最先端のシミュレーションシステムが生成する全てのGNSSコンステレーション、周波数、コードに対応します。

Gears White

高度な制御レベル

包括的な信号群から選ぶだけでなく、不明瞭性モードとマルチパスのオンオフを切り替え、マルチパス信号毎の反射数を定義し、指定された遅延/電力範囲内に収まるマルチパスのみをシミュレートするためにフィルタリング用のアルゴリズムを定義できます。

Sim3Dを用いたマルチパス信号伝播の正確なモデリング



実用的なGNSS信号環境を用いて サードパーティ製ツールと統合



Sim3Dは自社環境に適しているか?

当社の経験豊富で専門知識を有するGNSSエンジニアリングチームが、マルチパスモデリングや試験に関するいかなるご質問にもお応えし、Sim3Dがお使いの試験ベッドへ深みと実質性を加える可能性をお伝えします。

ご連絡ください →

あなたのビジネスに合う製品をお探しですか?

お問い合わせ →