変化する環境に対応

世界が5Gの準備を迎えるにつれ、同期精度のレベルと必要とされるデータ転送の速度は劇的に上昇しています。それに対応し、ITU-TはG.827x規格シリーズを強化することで、PTPとSynCE同期技術における次世代の精度要求を整備しています。

Paragon-neoはハードウェア性能とソフトウェアの試験手法を提供し、試験システム全体でピコ秒単位の精度を達成します。これはクラスC/D境界やスレーブクロックといった新たなデバイスを検証する際に必須となります。

Eブックを読む →

5G対応

新たなITU-T 5G同期仕様に基づき試験されるPTPとSyncEの最高精度を実現し、最大100GbEの速度であらゆる5G強化の時間要求に応えます。

堅牢な試験

「2クリック」の試験ケースで駆動されるワークフローは単一の箇所から全ての試験ベッドを実行でき、全てを同時に制御することで正確かつ繰返し可能な試験信号、不良、測定のタイミングを保証します。

将来に対応

SyncEジッタ―からITU-T G.8262.1とG.8262のハードウェアオプション、PRTC試験の内部および外部の高精度レファレンスオプション、背面の拡張スロットを将来のアップグレードに利用できます。

特徴およびメリット

クラス最高の精度
Paragon-neoはPTPとSyncE試験における長年の経験を活用し、主要なタイミング測定にてナノ秒未満の精度を誇ります。
手軽に設定可能
PTPデバイスのエミュレーション、時間エラーの障害パターン、SyncEジッタ―とワンダーノイズは全て自動的に制御されます。
リアルタイム解析
Calnex解析ツール(CAT)とPTPフィールド検証ツール(PFV)を使用し、リアルタイムで複雑なタイミング指標とPTPプロファイル準拠の合否判定を行い、全てシングルクリックでレポートを生成できます。

ITU-T同期試験スイート

時間精度の強化を試験

icon

G.8271.1強化ネットワーク限界、G.8262.1強化EEC、G.8273.2クラスC/D境界とスレーブクロック – すべてParagon-neoで試験可能です。

新たなネットワークの試験

Switches

100GbEから100Mまで、またコアからエッジまで、デバイスとネットワークを試験できます。

回帰試験

Icon

スクリプトレコーダーとCalnex試験シーケンサー(CTS)を使用して、すべてのG.826x/7x規格をカスタム自動化機能を用いて試験できます。

不十分なネットワーク試験のリスク

信号を取得してネットワーク計画のコンセプト実証のデューデリジェンスを実行する際に性能限界を発見し、ベンダーの主張を検証できます。

白書をダウンロードする→

ネットワーク試験レイテンシとジッタ―

特にQoS試験におけるレイテンシ測定には、高精度と精密性、特定の試験機器が必要です。

白書をダウンロードする→

推奨製品

Spirent Paragon-neo

強化されたタイミング基準に基づきデバイスを開発、検証、製造するNEM、および5Gネットワークやシステムを設計、導入する企業へ向けて設計されたParago-neoは、最大100GのPTPおよびSyncE試験機能を提供します。

データシートを見る →

Spirent Paragon-400G

Spirent Paragon-400Gは同期精度を検証して規格準拠を保証し、400Gデバイスとシステムが将来に向けて高品質のネットワークサービスを提供できるようにします。

データシートを見る →

Spirent Paragon-X and Paragon-100G

ParagonX

Paragon-Xは通信事業、放送会社、電力会社、金融機関、ケーブル企業といった環境におけるイーサネット同期デバイスおよびネットワークの設計と検証に必要な全ての測定を一元化して処理します。

データシートを見る →

Spirent Paragon-t

Paragon-tは高性能と汎用性を組合せ、4つの独立した転送と測定用ポートを通じて、並行デバイス試験(SEC、EEC、境界およびスレーブクロックを含む)におけるクロックの同時測定を実現します。

データシートを見る →

あなたのビジネスに合う製品をお探しですか?

お問い合わせ →