統合ナビゲーションシステムの精度を確保

高速の信号取得、GPS信号喪失時の精度と機能確保が、DRセンサーを用いたハイブリッドシステムの開発を加速しています。これらを試験するために、DRとGPS信号を整合させて生成する必要があります。SimAUTOは、コンパス、ジャイロ、車輪パルスといったDRセンサーを効果的にエミュレートし、それらをSpirentのGPS/GNSSコンステレーションシミュレーターと正確に同期させ、統合ナビゲーションシステムの完全な試験環境を提供します。

特徴およびメリット

試験のコストと時間を削減
整合されたGPSとDRセンサーのエミュレーションを 通じて素早く総合的なシステム試験が実現し、 市場投入までの時間を短縮します。
繰返し可能な試験
変換ユーティリティを使用して現場でのトライアル中にNMEAデータログをモーションファイルとして取得可能です。その結果、試験所を出ることなく、必要に応じて何度でも同一の行程を再現できます。
フレキシブル
単軸のターンテーブル駆動が提供され、ヘッダーまたはリードレートセンサーの直接シミュレーションが適切であるか優先される場合に実行できるようにします。
SimGEN™との統合
車輪距離、ホイールベース、車輪径、 オドメーターのパルスレートやデッドバンドなどを 設定し、車両の個別ファイルに保存して 将来の利用に備え、同時にSimGEN™を 使用して車両の軌跡を生成できます。

特徴

SpirentのSimAUTOは、ユーザーを主眼に置いた広範な機能を網羅し、SimAUTOは車載ナビゲーションの試験ソフトウェアの第一人者となっています。

  • GPS衛星のRFに合致した複数のDRセンサーの同時エミュレーション
  • ヘッダーとホイールカウントセンサーの出力
  • ヘッダーセンサーの促進用単軸レートテーブル駆動
  • 車両サイズのユーザー定義
  • リアルタイムのシナリオ編集
  • ファイル(ログデータ)または車両シミュレーターからリモートで動作可能
  • データ配信出力を使用してモデリングされた車両の挙動を他のアプリケーションと共有可能
  • モデリングされたセンサーと一貫性を保つCANメッセージがお使いのCAN仕様にて利用可能

SimAUTOパンフレット

SimAUTO IVNSソリューションの全仕様です。

View brochure →

GNSS試験の基礎を学習

GNSSシミュレーションの基本情報を素早く学び、効率的なGNSSレシーバー試験における重要な役割を理解できます。

Eブックをダウンロードする →

GNSSの自動車アプリケーションの試験

自動車やテレマティクスなどでGNSSアプリケーションを試験する際のSpirentによるベストプラクティスに基づくアドバイスをご覧ください。

Eブックをダウンロードする →

あなたのビジネスに合う製品をお探しですか?

お問い合わせ →