Spirent iTestは統合された、あらゆるベンダーにて使用可能な試験のオーサリングと実行ソリューションであり、複雑な試験環境が関わる広範囲の試験手法に簡単に対処できるよう設計されています。自動化された試験は、手動で試験を行う担当者や自動化の専門家の両方で素早く生成でき、試験環境全体の生産性を向上させます。

データシートをダウンロード →

Interactive Workflow Automation




Aston Martin Racing 

iTestがアストンマーティン・レーシングのセットアップ作業を高速化

「ネットワークを手動で試験していたときは、毎回1時間以上かかっていました。iTestを使っている今では、わずか数分で完了します。そして、ミスが起こる心配もありません」
-アリスター・グリムショー、シニア・アナリシス・エンジニア

ケーススタディを読む プレスリリースを読むブログを読む

Velocity Framework -
業務用に構築

Velocity Frameworkは、構築ベースとして理想的なプラットフォームです。4つの「スマートビルド」(BIS)指標、モジュール式設計、REST APIを採用し、お使いの既存DevOpsツールチェーンへ直接的に統合できます。

白書をダウンロードする→

Introducing iTest 8.2


iTest introduces three powerful enhancements focused on security, third-party integrations, and ease of use. The 8.2 release features include Secrets Management with Secret Token Values in Response Maps. New IxLoad REST Session, NETCONF 1.1 compatibility, with ability to download Velocity topologies from Import Wizard and custom prompts in Session Profile Wizard-- future integration between iTest and Velocity will continue to strengthen in future releases.



8.2 Release Highlights

700% Increase in Test Coverage

Greater test case automation enables leading ethernet synchronization Test and Measurement company to test more efficiently.

View Case Study →

1000% Gain in Testing Efficiency

Increased test case reuse enables major semiconductor vendor to get to market faster.

View Case Study →

Lifecycle Service Assurance Product Architecture

 Spanning from labs to full operational network production testing.

Lifecycle-Service-Assurance-Product-Architecture

あなたのビジネスに合う製品をお探しですか?

お問い合わせ →