業界最高密度のFlexE 100GBASE-R PHYソリューション

Introducing the industry’s highest density Flex Ethernet (FlexE) test solution that addresses 5G transport, SPN (Slicing Packet Network), and ITU-T G.mtn standard testing needs.

View FlexE Poster

Industry's First ITU-T G.mtn-ready Test Solution

Spirent FlexE-100 test solution is the industry’s most feature rich FlexE-based network slicing test solution, designed to meet the most demanding 5G requirements for network slicing, ultra-low latency and high availability.

View Datasheet

高密度FlexEと従来のイーサネット試験

Spirentの新しいpX3フレックスイーサネットソリューションは世界最高密度のFlexE 100GBASE-R PHYテスターであり、次世代のフレックスイーサネットに対応したルーターとデータセンター機器を検証する目的で設計されています。

データシートを見る →

フレックスイーサネットとは

FlexEは新興のイーサネットソリューションへ向けてネットワーク速度を高めるための高密度要求に対応する目的で、各種産業にて用いられる中核技術です。既存のイーサネットPHYレートに対応するとは限らない、各種のイーサネットMACレートをサポートするための標準機構を提供します。これには、FlexEを転送する際に使用されるイーサネットPHYレートより高速(結合を通じて実現)または低速(サブレートとチャンネル化を通じて実現)のMACレートの両方が含まれます。

FlexEは、IEEEにより定義されたMACとPCSレイヤーを通じて新しいシムを導入することで、クライアント側のイーサネットレートを実際の物理インターフェースから分離します。

What is FlexE

FlexEの機能

イーサネットPHYの結合

  • インターフェースのグループを束ね、より高レートのクライアントを形成
  • より高帯域のサービスに対応

FlexE Bonding 


イーサネットPHYのサブレート化

  • インターフェースをアンダーフィル可能
  • クライアントまたはサービスのレートを転送ネットワークに一致可能

FlexE Sub Rating


PHYまたはPHYの結合グループ内におけるチャンネル化

  • 低レートのクライアントを集約してインターフェースへ接続
  • VLANの拡張可能な代替
Channelization

What is 5G Transport? Why is Network Slicing needed?

  • 5G enables new applications such as AR, IoT, industrial automation, and autonomous vehicles (they drive diverse bandwidth, latency, security and time synchronization requirements for transport network)
  • Network slicing is needed to meet these diverse requirements for different customers and applications
  • 5G transport network consists of fronthaul, midhaul and backhaul
  • New fronthaul protocols such as eCPRI and NGFI are designed to allow BBU to scale, to increase bandwidth and reduce latency by transporting radio traffic more efficiently over Ethernet
  • FlexE provides a hard pipe network slicing solution with calendar-based channelization
  • Segment routing transport with EVPN service plane reduces the network complexity and enables SDN with full network programmability

What is ITU-T G.mtn Standard?

ITU-T G.mtn (interfaces for a metro transport network) is an emerging international standard that defines two new layers (path and section) for metro networks to transport 5G radio access network (RAN) traffic, both centralized (C‑RAN) and distributed (D‑RAN) over standard Ethernet and FlexE.

G.mtn provides an end to end transport network architecture with the ability to meet the most demanding 5G requirements for network slicing, ultra-low latency and high availability.



リソース

成功を収めた初のキャリアフレックスイーサネット試験

成功を収めた初のキャリアフレックスイーサネットライン試験についてのプレスリリースをお読みください。MANと5GネットワークにおけるFlexEアプリケーションを推進し、FlexE技術のサービス化を加速させます。

プレスリリースを読む →

SpirentのFlexE試験ソリューション

Spirentがリリースした業界最高密度のFlexE試験ソリューションを用いて、大規模なFlexEと従来のイーサネット試験を両立できます。

データシートを見る →

FlexE性能デモ

当社のパートナーであるPrecise ITCと共に2018年度OFCで行ったFlexEのデモについてご覧ください。これは次世代のネットワークスライシングサービスに向けた重要な一歩です。

デモの概要を見る →

FlexEデモのお申し込み

Request a Demo