Address critical and complex radio communications

Spirentの Vertex® チャンネルエミュレーターは、多くのチャンネルモデルをエミュレートでき、かつてない拡張性を提供します。シンプルなプラグアンドプレイ設計を採用し、広範なチャンネル密度を要求する多様なアプリケーションを試験できます。対応アプリケーションは基本的な2チャンネルSISOから、3-4コンポーネントのキャリア集約、高位のMIMO、OTA、3D双方向ビーム形成など、5Gの準備に必要な高密度のシナリオまで及びます。

Webinar | 5G New Radio: What’s New and the Impacts to RF and Wi-Fi Testing

5G standards are influencing not only new cellular networks, but the Wi-Fi networks that must interwork with them. In this webinar, Spirent discusses the many enhancements to both technologies and the challenges ahead in implementation and ensuring comprehensive testing for superior performance.

View the webinar →

複雑な5G試験シナリオを簡単に作成

Spirentの先進チャンネルモデリングソフトウェアは、大規模なMIMOや高速車両などの高度に複雑化した伝播シナリオを簡単に作成できます。直感的なパラメーターのメニューから選択するか、それらのいずれかまたはすべてをインポートするだけで、所望の環境を数クリックで構築できます。

パンフレットを見る →

試験内容

icon

MIMO OTA

無響室または反響室における現実的な空中環境にて、デバイスのMIMO性能を試験できます

icon

大規模なMIMOとアンテナアレイ

複数のVertex機器を統合して、リアルタイムのフェードを伴う多数の独立RFチャンネルに対応します

Mesh Network Icon

メッシュネットワーク

最大16x16の独立チャンネルモデルに対応し、最大16ノードのメッシュネットワークを試験できます

icon

仮想駆動試験

最大16のSISOまたは8の2x2 MIMOセルをエミュレートし、ラボ内で実際のネットワーク接続を正確に再現します

icon

キャリア集約

最大4つの2x2双方向キャリアに対応します。各無線リンクを個別にモデル化し、同一または異なるeNodeBにおける複数のキャリアを代表するチャンネル条件をシミュレートします

Beamforming

MIMOビーム形成

様々な空間チャンネルやモデルに対して、最も正確で安定したエミュレーションを実現します

eBook | Measuring Massive MIMO

The approach to testing the connectivity and functionality of 5G networks is as revolutionary as the network itself. This eBook gives a quick overview of what’s coming in 5G and details an innovative approach to testing the massive MIMO antenna arrays that will be an integral part of the new technology.

Get the eBook →

Testing 5G mmWave Scenarios

Spirentの新しいVertex高周波コンバーター(Vertex HFC)は、5Gアプリケーションへ先進のチャンネルエミュレーション試験機能を備えるために設計されました。従来の2GHz~3GHz RF帯域を27.5GHz~28.5GHzのmmWave帯域へ変換し、またその逆も行うことで、5G実装に必要なミリメーター周波帯シナリオのチャンネル特性シミュレーションを可能にします。

データシートを見る →

5G導電RF試験の簡素化

SpirentはTopyoungと提携し、ラボ環境にて大規模なMMIOと3Dのビーム形成システムの性能を低コストで実用的に試験できる革新的な試験ソリューションを開発しました。

パンフレットを見る → 白書をダウンロードする →

国防と航空宇宙アプリケーション

SpirentのVertexは重要であり高度に複雑化したRF通信チャンネルと特殊な軍事シナリオの試験に対応します。最低30MHzの周波数帯域、メッシュネットワーク構成、広帯域の周波数ホッピングなどの機能が含まれます。

Learn more →
Vertex Block Diagram

MIMO OTA

SpirentのVertex MIMO OTAソリューションは実世界の空中環境をモデリングし、無響室と反響室の両方で使用できます。無響室においては、Vertexは最大32のRFプローブと2つのキャリアに対応し、一台の機器で16または8の双極プローブを使用できます。反響室においては、一台で最大4つのキャリアを集約できます。

詳細を見る →

Repeatable and Realistic Virtual Drive Testing

Capturing, saving and playing back an RF environment is easier than ever with Spirent’s Live2Lab Virtual Drive Test - Conversion Tool (VDT-CT). Drive a route once, capture RF scenarios with a third-party scanner, and play them back with Live2Lab for repeatable, realistic drive testing within minutes. For high-speed train or aircraft device performance scenarios, Spirent’s Live2Lab can import and analyze logged data at speeds up to 1,620 km/hr (1,007 mph).

Read the data sheet →

特徴およびメリット

拡張性
Vertexワイヤレスチャンネルエミュレーターは多様なアプリケーションへ拡張できます。ハードウェアは一台にて、基本RF試験における最低2つの双方向RFチャンネルから高密度チャンネルアプリケーションにおける最大32の単方向RFチャンネルに至るまで対応します。
モジュール式
個別のRFモジュールを単方向または双方向のアプリケーションへ最適化でき、様々な異なる周波数帯域に対応できます。これにより、ハードウェアの使用を最小限に抑えてVertexを特定の試験用に構成できます。
広範な周波数範囲と帯域
Vertexは一台の機器で他に類を見ない30MHz~5925MHzの周波数範囲に対応します。チャンネル毎の帯域は最大200MHzに設定でき、連結させて組み合わせることで周波数ホッピング用に1GHzまで対応します。
省スペースかつ高密度
Vertexは6Uラック高で最大36のRFポートと256のデジタルリンクを格納できます。先進のMIMOアプリケーションや次世代の5Gネットワークなど、多数のRFチャンネルを必要とする試験を効率的なハードウェアで実行できます。
リモートプログラミングインターフェース(RPI)
リモートプログラミングはTCP/IPを通じて実行されます。RPIコマンドはSpirentのVR5 HDチャンネルエミュレーターとシームレスな後方互換性を保ちます。
包括的な2D/3Dチャンネルモデリング
Vertexの内蔵伝播ライブラリは豊富な標準チャンネルモデルを提供し、古典的および幾何的モデルの両方にてユーザー定義モデルを作成し、手軽に編集して変更内容を保存できます。

データシート

Vertexの概要、機能、アプリケーション

データシートを見る →

技術仕様

Vertexの詳細な機能仕様

仕様を見る →

白書

空中試験を通じてMIMOデバイスの性能を保証

白書をダウンロードする→

白書

フェーディングの基本 - 狭帯域、広帯域、空間チャンネル

白書をダウンロードする→

白書

相関に基づく空間チャンネルモデリング


白書をダウンロードする→

白書

パスに基づく空間チャンネルモデリング


白書をダウンロードする→

あなたのビジネスに合う製品をお探しですか?

お問い合わせ →